スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)

 横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で2日、所属する弁護士前野義広さん(42)が殺害された事件で、神奈川県警加賀町署捜査本部は10日までに、殺人容疑で千葉県内の男の逮捕状を取った。離婚調停をめぐり前野さんとトラブルがあったとみられる。事務所の資料に名前が掲載され調べていたが、事件後に行方が分からなくなっているという。
 捜査本部によると、前野さんは2日午後、事務所を訪れた男と面談。しかし、女性事務員が外出先から戻ると、2人が話し合っているついたての向こう側から「落ち着いて」などという言葉と大きな物音がした。様子をうかがうと、前野さんが刃物のようなものを持った男ともみ合いになりかけていたという。
 事務員は前野さんの指示を受け、いったん事務所を出て県警に通報。事務所に戻ると、前野さんが胸から腹にかけて数カ所を刺され、床に倒れていた。病院に搬送されたが死亡。死因は右肺を深く刺されたことによる失血死だった。 

【関連ニュース】
生徒の母、府立校で刃物=教頭軽傷、現行犯逮捕
東京・銀座で整骨院強盗=3人組が18万奪う、けがなし
2カ所に傷跡、失血死=受任案件のトラブル有無捜査
逃走男、周到に準備か=長い刃物、手袋着用
男性弁護士殺される=事務所で男ともみ合い

<参院選>輿石氏、幹事長代行外れる 「脱小沢人事」どう影響(毎日新聞)
新政権発足で官房長官「小沢氏との距離意識しない」(産経新聞)
<雑記帳>完走者はコシヒカリ食べ放題 新潟・南魚沼(毎日新聞)
化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)
鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)

乳幼児の「手足口病」西日本中心に増加続く(読売新聞)

 おもに乳幼児の手や足、口内の粘膜に水疱(すいほう)性の発疹(ほっしん)ができる「手足口病」患者の増加が、西日本を中心に続いている。

 先月23日までの1週間に全国の定点医療機関3000施設から国立感染症研究所に報告された患者数は、前週に比べて倍増した。感染研は手洗いの励行を促すとともに、「発熱が続く場合は早めの受診を」と呼びかけている。

 感染研によると、報告された患者数は4267人。1医療機関当たり平均1・41人で前週の0・74人を大きく上回り、過去10年の同時期と比較して最も多い。重症化の恐れがある「EV71」というウイルスが6割を占めた。

 都道府県別では、愛媛(10・2人)、山口(6・1人)、大分(4・3人)、高知(4・2人)の順。大半は5歳以下という。

1審無罪の覚醒剤使用事件 逆転有罪判決 「弁護士への連絡妨害、なかった」 東京高裁(産経新聞)
<転落>パワーショベル運転の男性死亡 兵庫でビル解体中(毎日新聞)
郵政法案たった6時間で強行採決 野党激怒「前代未聞の暴挙」(J-CASTニュース)
<鳩山前首相>福島社民党首に退任あいさつ(毎日新聞)
山田氏、東京から出馬 日本創新党が結党大会(産経新聞)

犬・猫経由の感染症に注意―厚労省が呼び掛け(医療介護CBニュース)

 犬や猫にかまれるなどして菌に感染し、まれに重症化して死亡に至るケースもある「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」について、厚生労働省がホームページで注意を呼び掛けている。

 「カプノサイトファーガ・カニモルサス」は、犬や猫など動物の口腔内に常にいる細菌。同感染症は、かまれたり引っかかれたりすることでまれに感染・発症し、発熱や腹痛、吐き気などの症状が見られる。また、糖尿病やアルコール中毒などの慢性疾患がある人や高齢者で免疫機能が低下している場合には、重症化しやすい傾向があるという。
 国立感染症研究所の調べによると、2002年から09年にかけて、国内で確認された同感染症の報告事例のうち、重症化したケースが14例あり、6人が細菌の感染が原因とみられる敗血症や髄膜炎などで死亡した。
 重症化した患者は40-90歳代と中高年層で、感染原因は「犬の咬傷」6例、「猫の咬傷・掻傷」6例、「不明」2例となっている。

 厚労省では、保健所などに報告された動物にかまれたことによるけがの報告数に対する患者数は非常に少なく、同感染症は極めてまれにしか発症しないとしながらも、日ごろから動物との過度の触れ合いは避け、触れた後は手洗いなどを確実に実行するよう呼び掛けている。
 なお同感染症は、感染症法に基づく届け出が必要な疾病ではないため、診療した医療機関が行政機関に届け出る必要はないが、国立感染症研究所では今後も調査・研究を進めていくために情報提供を呼び掛けている。
 同感染症についての相談や情報提供は、国立感染症研究所獣医科学部第一室03(5285)1111まで。


【関連記事】
感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長
新型流行も強毒性想定のBCP策定は1割強
手足口病が2000年以降で最多
A型肝炎が過去3年で最多、「食べ物に要注意」と感染研
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満

<殺人>入店直後に刺す? 大阪パチンコ店の男性客刺殺(毎日新聞)
<志摩スペイン村>安全バーに顔打ち、小6男児が骨折(毎日新聞)
普天間移設 「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先(産経新聞)
冬に貯めてしまった“アレ”を落としましょう!<前編>
防火講習「見直し」判定=受講料や内容に問題―公益法人仕分け(時事通信)

北教組事件で初公判 元経理担当「間違いない」(産経新聞)

 昨年8月の衆院選をめぐり、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営に北海道教職員組合(北教組)が1600万円を違法献金したとされる事件で、北教組から現金を受け取ったとして、政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反の罪に問われた陣営の元経理担当で自治労北海道財政局長、木村美智留被告(46)の初公判が18日、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)で開かれた。木村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 木村被告は、逮捕前の任意聴取では違法な資金受領などを認めていたものの、逮捕後は一貫して黙秘を続けてきた。しかし、4月21日の公判前整理手続きで一転、起訴内容を認める方針を示していた。

 起訴状によると、木村被告は平成20年12月から昨年7月にかけ、北教組から4回にわたり、昨年8月の衆院選の選挙資金として計1600万円を受領したとされる。

 選挙資金を提供したとして同罪に問われている北教組の委員長代理、長田秀樹被告(50)の初公判は19日、同地裁で開かれる。

【関連記事】
かくて国家や日本人の名誉は貶められる
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
政治資金規正法の問題点 繰り返される対症療法
北教組資金不正提供、元経理担当を保釈

<木曽三川公園>シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」(産経新聞)
お騒がせ俳優『ブルーノ』サシャ・バロン・コーエンが巨匠スコセッシ監督作に出演!?
パワハラでうつ病発症、自殺=市課長の公務災害認定―名古屋高裁(時事通信)
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)

「知事会仕分け発言は的はずれ」埼玉知事が批判(読売新聞)

 埼玉県の上田知事は、11日の定例記者会見で、国の行政刷新会議メンバーの片山善博・前鳥取県知事が4月、全国知事会を事業仕分けの対象にすべきとした発言を取り上げ、「国から補助金が出ているわけでも何でもない。全く的はずれ」と批判した。

 知事会に対しては、総務省OBの天下り先になっているなどの批判があるが、知事は「地方運営に熟知された方を迎えることは天下りではない」と反論。片山氏の行政改革能力にも触れ、「鳥取県職員の人数は対人口比で、埼玉の4倍。あの人だけには言われたくない」と述べた。

横須賀の住宅で発見の男性遺体に刺し傷など、県警が殺人事件と断定/神奈川(カナロコ)
障害者の就職あっせん、医療・福祉が最多―ハローワーク(医療介護CBニュース)
外科学会など臨床系12学会が日医に質問状(医療介護CBニュース)
山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)
客引き容疑で中国人2人逮捕=苦情受けカメラ設置し特定−警視庁(時事通信)

普天間、「今の考え伝える」=5月4日の沖縄知事との会談で−首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は30日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり仲井真弘多県知事と5月4日に会談することに関し「今の時点での政府の考え方を申し上げたい」と述べた。
 首相はまた、5月末を期限とする移設問題の「決着」の定義について「米国も沖縄も地域もこれで行こう、と合意がなされることだ」と説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<福岡切断遺体>腕時計換金の男に逮捕状 別の窃盗容疑で(毎日新聞)
両陛下、みどりの式典にご出席(産経新聞)
東京でも和解成立 自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で(産経新聞)
2万円?満額?金券?子ども手当で民主大もめ(読売新聞)

<福岡警官拳銃所持>容疑者「中学時からモデルガンに興味」(毎日新聞)

 福岡県警捜査1課の警部補、岡田好典容疑者(46)が銃刀法違反(拳銃所持)容疑で逮捕された事件で、岡田容疑者が「約30年前の中学生時代からモデルガンに興味があった」と供述していることが分かった。捜査関係者が明らかにした。警視庁は、岡田容疑者の自宅から逮捕容疑の改造拳銃とは別に約10丁のモデルガンを押収しており、殺傷能力の有無を鑑定している。

 捜査関係者によると、岡田容疑者の自宅からは拳銃の形状をしたものが多数見つかった。うち10丁近くが改造拳銃とみられ、改造方法や入手ルートを捜査している。岡田容疑者がブログで写真を掲載していた改造拳銃はガンマニアの間でも希少なタイプだったという。弾倉に穴を開け、実包を6発装てん、発射できるように改造してあった。【町田徳丈】

【関連ニュース】
銃刀法違反:容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡
DV:被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警
DV:被害登録の女性救え! パト20台・ヘリで追跡、28歳の夫を逮捕−−熊本県警
銃刀法違反:「ウチの銃本物ですわ」 展示の喫茶店主吹聴を基に逮捕−−大阪・泉佐野
銃刀法違反:橋下・大阪府知事の法律事務所に包丁男 所持容疑で現行犯逮捕

<X JAPAN>TOSHIさんの事務所、破産開始決定(毎日新聞)
複数医療機関の在宅療養指導で要望書―保団連(医療介護CBニュース)
「主幹教諭」増員ゼロ 民主政権下 組合の影響拡大も(産経新聞)
霧島山、平常レベルに=噴火の兆候なくなる−気象庁(時事通信)
山田・杉並区長、参院選出馬は明言せず(読売新聞)

鳩山政権「命続くかどうか」=普天間、県外移設を疑問視−渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、都内で講演し、鳩山政権について「誕生から7カ月。あのとき大したもんだと思い出すことより、しなければよかったと思うことばかりで、今、政局を迎えている。これから褒めてもらっても命が続くかどうか」と述べ、先行きに強い懸念を示した。
 渡部氏はまた、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に触れ、「政権が代わったから(自民党政権での合意は)パーということになったら、国際政治は成り立たない。(日米で合意した移設先を)全然別なところに持っていけると考えていた人たちが間違いだ」と述べ、昨年の衆院選で県外移設を目指すとした鳩山由紀夫首相の判断は誤りとの認識を示した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」−普天間移設(時事通信)
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に(産経新聞)
飲食店にガソリンまき放火 容疑の男ら逮捕(産経新聞)
初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
遅刻原因は「事務的な日程管理のミス」 答弁書(産経新聞)

<JR中央線>武蔵小金井駅で人身事故、上りで運転見合わせ(毎日新聞)

 JR東日本八王子支社によると、12日午後10時45分ごろ、東京都小金井市のJR中央線武蔵小金井駅構内で人身事故があり、同線は東京−高尾駅間の上りで運転を見合わせている。

【関連ニュース】
JR内房線:線路わきの砂利が陥没 千葉
警察庁:電車内での痴漢取り締まり強化
JR:「雇用は困難」不採用国労組合員
信濃川不正取水:JR東、水利権再申請
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方

【新・関西笑談】さらば火の玉流(1)将棋棋士九段 有吉道夫さん(産経新聞)
将棋名人戦 羽生が先勝(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>51回目の結婚記念日 東宮御所で夕食(毎日新聞)
新党 「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
住宅と物置、双方から出火し2人死亡…長野(読売新聞)

石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)

 自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相(71)と無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)らは5日夕、都内で会談し、今週中の新党結成を確認した。会談には、この日離党届を提出した園田博之衆院議員(68)に加え、石原慎太郎・東京都知事(77)が飛び入り参加した。ただ、年配者が多く、政策も微妙に異なる「与謝野・平沼新党」への参加に二の足を踏む議員も出てきた。当初予定していた8日の結成は10日に先送りされる方向で、新党の先行きは不透明だ。

 東京・渋谷区のレストランで開かれた会合には、園田氏や離党を検討中の藤井孝男元運輸相(67)も出席した。基本政策やメンバー、党名について協議。支援を買って出た石原都知事も加わった。

 大物同士の“合体”だが与謝野、平沼両氏の政治理念や政策には異なる点が多い。この日は「増税も視野に入れ、経済対策と財政再建を車の両輪として取り組んでいく」ことで合意したが、双方のメンツを立てた両論併記の印象はぬぐえない。8日予定の旗揚げは10日に先送りされ、新党は不安な船出となりそうだ。

 与謝野、平沼両氏は東京の麻布高校で机を並べた同級生で、ともに衆院当選10回。一時は同じ派閥に所属したことがあるが、具体的な政策では違いが鮮明だ。

 元財務相の与謝野氏は財政再建を目指した橋本内閣で財政構造改革法の立案にかかわるなど筋金入りの財政規律派。小泉内閣で郵政民営化を推進した。「経済、財政、国民の安心安全」を政治信条とする「リベラル保守」。

 一方の平沼氏は、郵政民営化を徹底的に批判し、自民党復党も拒否した硬骨漢。「真性保守の再生」を訴え、自主憲法制定や対北朝鮮強硬路線を掲げるなど、政界きっての「タカ派」として知られる。

 政策の軸が見えないせいか、新党合流に慎重な議員も出てきた。2008年の総裁選で与謝野氏を擁立した後藤田正純衆院議員(40)は「今新党に行くことは絶対にない」と明言。自民党の中堅若手は多くが冷ややかだ。昨夏、平沼氏の支援を受けて国政復帰した城内実氏(44)は合流に否定的な発言をする一方「(平沼氏のもとで)ぞうきんがけでもやる」と揺れている。

 平沼氏も寄せ集め感を避けたい意向。新党参加を理由に離党の意向を幹部に伝えたことが判明した鴻池祥肇元防災担当相(69)と、連携をめぐって6日に会談予定の鳩山邦夫元総務相(61)は結党メンバーには入らない見通しを示した。政党要件を満たす5人目の国会議員については、自民党の中川義雄参院議員(72)と協議していることを明らかにした。

 党名は4つ程度に絞り込んだ。夏の参院選比例代表に候補者擁立を目指していることから親しみやすい平仮名の党名が候補に挙がっているという。

 与謝野氏はこの日、政界の師である中曽根康弘元首相や青木幹雄参院議員にあいさつ。ベテランが全面に出る新党が、どれだけ広がりを見せられるか。

 【関連記事】
藤田まことさん幻の作品…慎太郎知事「主役決めてた」
慎太郎都知事「自業自得」!朝青龍も協会もバッサリ
ミッキー安川さん通夜…石原知事ら700人悼む
石原都知事、草ナギに同情…「少し騒ぎすぎ」

中国、日本人死刑囚の刑執行を6日に延期(読売新聞)
<2ちゃんねる名誉棄損>原告、元管理人の印税から賠償金(毎日新聞)
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
大阪市の平松市長、橋下知事の「大阪都」構想を批判 「幻想、目くらましだ」(産経新聞)
<中央選管>遠山氏に当選証書 神崎氏の衆院議員辞職で(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
情報商材
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
2ショットチャット
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    ソルバルウ (01/02)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    サキューン (12/28)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    まろまゆ (12/19)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    モグモグ (12/16)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    パイン (12/10)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    夜沢課長 (12/07)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    ポロネーゼ (12/03)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    機関棒 (11/24)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    しゅうじん (11/21)
  • 千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
    土屋浩平 (11/02)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM